愛犬

大好きな愛犬との過ごし方?日々の愛犬日記

 

我が家のわんこは朝と夕方の2回食事をとります。朝の散歩と夕方の散歩が終わって家に帰ってからごはんタイムです。わんこは散歩が終盤にさしかかり、家に着く50メートルくらいからソワソワし始め家に帰って着くなり、いつも、食事をとる場所でお座りをして吠えて待っています。早くごはんが食べたくて仕方ないのです。

 

 

 

犬は猫と違い限度が分かりません。あげればあげただけ食べてしまいます。食事をあげるときは量を必ず測ってそのわんちゃんに合った量をあげないとすぐに太ってしまいます。可愛いからといって加減せずあげてしまうとわんちゃんの身体に負担がかかってしまいます。
うちでは、食事の時こそしつけを!と力を入れています。

 

 

 

ごはんを上げる前に必ず『お座り』と言って座らせます。この時優しくお尻を触ってあげて座らせます。座ることができたらとにかく褒めます。そのあと、右手(こちらから見て)を手の上に乗せ『お手』、左の手を乗せ『おかわり』と教えます。できたら褒めます。

 

私があげてる”モグワンドッグフード” はワンちゃんの身体にも良いので気に入っています。

 

そのあとは、『待て』といい少しの間ごはんを食べるのを我慢させて『よし』の合図で食べてもいいよ!と声をかけてあげます。これを毎回の食事で続けると次第にわんちゃんも分かってくれるようになりごはんを食べる前の儀式として認識するようになります。

 

 

全部ごはんを食べ終えたら、偉かったね!と褒めてあげます。わんちゃんにとって食事は大切な時間なのです。人間と同じですね。ごはんをきちんととりしつけをしっかりと行う。また質のいい散歩を心がけてあげることで食欲も増します。散歩は30分くらい早足で歩きます。

 

たまに小走りにしたりしています。話しかけながら散歩したり、道路沿いや人通りのあるところでは、リードをしっかりと自分の方へとくっつけるようにして歩きます。散歩の時も吠えたり人に向かっていってしまう場合は声をかけながら注意します。

 

 

そして、きちんと守れたらご褒美をあげます。人間と同じで犬も褒められることが大好きです。特に大好きな飼い主から褒められると嬉しそうな顔をします。愛情を持って時には厳しくしつけをして出来た時には、顔がくしゃくしゃになるまで褒めてあげてください。